非常時に効果的なBCP対策を立てよう

BCP対策は、風水害や地震などの非常事態において、事業を継続させるための方針を考えるために必要となります。特に、従業員の安全確保や非常用の経路の確保などについては、余裕をもって検討をすることによって、二次被害のリスクに備えることが大切です。最近では、大手企業のBCP対策の内容が様々な場面で取り上げられることがありますが、緊急性を要する際の顧客や取引先などとのコンタクトの取り方について注目が集まっています。

もしも、BCP対策の内容にこだわりたい場合には、天災等の問題に詳しい外部の専門家にアドバイスを受けることが有効です。そして、従業員の間でしっかりと緊急時の行動の仕方について情報を共有することが大切です。

BCP対策に力を注いでいる企業の取り組み

BCP対策に力を注いでいる企業は年々増加していますが、いざという時の燃料の確保や貯蔵の方法に関して、特に重点的に検討しておくことが肝心です。例えば、水道や電気などのライフラインが断たれた時に事業を継続できるかどうか検討したり、物流が滞った時の対処法を学んだりすることが大切です。また、時には国や自治体などが実施している勉強会や避難訓練などに参加をすることで、各地域における防災の実情を把握することも有効です。

もしも、BCP対策の重要性に関しては、それぞれの企業の規模の大きさや従業員の人数などによりますが、高層階のビルや海岸や河川の近くなどの事業所に関しては、従業員の避難が遅れることのないよう、万全に対策を立てることがポイントとなります。

BCP対策とは、企業が取り組むべき対策です。自然災害やテロなどの事態に直面した際の事業計画を指し示します。