素材となるツイル生地の特徴

オリジナルワッペンを作る際に選ばれる生地としてツイル生地があります。特徴として表面が平らなので、文字などの細かい模様をつけるのに適している生地ですよ。生地事態に若干光沢もあるので、ワッペン作りの素材として一番使われ事の多い素材となります。

素材となるクロス生地の特徴

オリジナルワッペンを作る中で高級なイメージを出したいのであれば、クロス生地を選ぶのが最適ですよ。クロス生地自体は糸で織った表面になるのが特徴なので、とても光沢があるので高級感のある生地の1つです。光沢がある事からスポーティーなイメージもあり、スポーツチームのチームロゴとして作られることが多いです。

素材となるフェルト生地の特徴

素材自体が割安でなじみのある種類となるのがフェルト生地です。生地自体に光沢は無く、起毛がかった表面が特徴になります。触りご事などはとても柔らかく優しい感じになる特徴がありますよ。生地自体が柔らかい感じがあるので、可愛らしいワッペンを制作するのに向いている生地となります。

素材となるニューナイロンツイル生地の特徴

ニューナイロンツイル生地の特徴として、表面がつるっとしている点です。光沢事態は多少ありますが、生地事態に強度があります。そのため耐水性や耐久性に優れているタイプの生地であり、洗濯にも強い生地になりますよ。洗濯をよくする洋服などにワッペンをつけたい場合におすすめの生地となります。

素材となるレザー生地の特徴

レザー生地自体は合成皮革素材になるため、見た目が革製品のように高級感があります。革製品独特の長く使い続ける事で質感変わるので、ビンテージ感の出しやすい素材といえますよ。従来ないワッペンを作ることができるので、風合いを楽しみたい人におすすめの生地といえます。

ワッペンとは衣服や帽子などにつける模様を縫い付けた飾りのことです。キャラクターや学校の紋章などがあります。