ケーブルから電波が飛びやすい

電化製品の中には、プリント基板同士を接続するケーブルがアンテナとなって、不要な電波を輻射してしまったり、妨害電波を受けてしまい誤動作を起こしてしまう可能性があります。そのため、ケーブルに対策を施すのが良いでしょう。方法としては、ケーブルに導電テープを巻いてグランドに接続したり、ケーブルにフェライトコアを挿入するなどの手段があります。この方法を採ることで、ケーブルに高周波成分が乗りにくくなり、不要な電波を輻射しにくくなります。

高周波信号は要注意です

周波数成分が数十メガヘルツ以上の高周波信号は要注意です。このような信号の場合は、プリント基板上であれば、グランド線にて挟んだり、プリント基板の内層を利用して配線するのが得策です。また、高周波成分を除去するために、信号にダンピング抵抗などを挿入するという手段もあります。プリント基板を設計する際には、あらかじめダンピング抵抗を入れるパターンを用意しておくと良いでしょう。また、高周波成分の信号は極力配線長が短くなるように設計するのがセオリーです。

輻射が抑えられない場合はシールド板を利用する

プリント基板上の配線や電子デバイスなどから輻射される不要電波を抑える時には、高周波成分の回路の部分をシールド板にて覆ってしまうという手があります。ただし、この場合シールド板はしっかりとグランドレベルに接続しておく必要があります。シールド板のおかげで、電波を出すことを抑えることができると同時に、妨害電波を受ける心配も解消されます。

EMC試験とは電気機器などが妨害電磁波などに対して動作が阻害されていないかを測定する試験のことです。